【トヨタ プリウス】ホンダ フィットハイブリッドとの比較。どっちがいいの?

ハイブリッドカーの代名詞であるプリウス

1997年に「世界初の量産ハイブリッド自動車」として誕生して以来、フルモデルチェンジの度に性能を向上させ続けているプリウス。

トヨタ独自のハイブリッドシステムで他メーカーのハイブリッドカーの更に先を進み続けています。

では、他メーカーのハイブリッドカーと比較するとどのような違いがあるでしょうか?

ここでは売れ筋である「ホンダ フィットハイブリッド」と比較していきます。

スポンサードリンク

【プリウス】VS【フィットハイブリッド】価格について

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

プリウスフィット。

ミドルサイズカーとコンパクトカーとクラスが異なる両車ですが、コンパクトカーとしてはクラスを超える室内空間を誇るフィットが比較対象となってくる場合もあります。

例えばハイブリッドカーとして4WDが選べる点です。

4WD仕様が設定されているハイブリッドカーとしてはトヨタでは

「プリウス」
「ハリアー」
「アルファード/ヴェルファイア ハイブリッド」
「エスティマハイブリッド」
「クラウン」

他社では

ホンダ フィット ハイブリッド
シャトル ハイブリッド
グレイス ハイブリッド
ヴェゼル ハイブリッド
フリード ハイブリッド
CR-V ハイブリッド
レジェンド
NSX
日産 セレナ(スマートシンプルハイブリッド)
スカイライン ハイブリッド
エクストレイル
フーガ
スズキ スイフト(マイルドハイブリッド)
クロスビー(マイルドハイブリッド)
イグニス(マイルドハイブリッド)
ソリオ(マイルドハイブリッド)
スペーシア(マイルドハイブリッド)
ワゴンR(マイルドハイブリッド)
スバル フォレスター Advance
XV Advance
三菱 アウトランダーPHEV

といったラインナップでプリウスと同程度以下のサイズ・価格帯となるとフィット兄弟車日産セレナスズキのマイルドハイブリッド勢、そしてスバルXVと選択肢が限られてきます。

そういった中でプリウスと競合させて検討する中にフィットハイブリッドが候補に挙ってきます。

まずは価格面で比較していきます。

○フィットハイブリッド グレード一覧

グレード 駆動方式 メーカー希望小売価格
HYBRID・Modulo style
Honda SENSING
2WD 2,257,200円
4WD 2,419,200円
HYBRID・S Honda SENSING 2WD 2,205,360円
4WD 2,367,360円
HYBRID・L Honda SENSING 2WD 2,079,000円
4WD 2,241,000円
HYBRID・F 2WD 1,815,480円
4WD 2,009,880円
特別仕様車
コンフォートエディション
2WD 1,847,880円
4WD 2,042,280円
HYBRID 2WD 1,699,920円
4WD 1,894,320円

最廉価グレードの【HYBRID】は170万円~と直接競合となる「アクア」よりも安価となっていますが、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に相当する安全運転支援システム「Honda SENSING」がメーカーオプションでも設定されていないなど見劣りする箇所があります。

グレードモデルにはなっていませんが、ホンダ純正アクセサリーパーツを装着することで「アクア Crossover」に近づけるパーツ類のセット【クロススタイルパッケージ】(パッケージ価格 138,240円)が用意されており【HYBRID・Modulo style Honda SENSING】、【HYBRID・S Honda SENSING】以外のグレードに装着可能です。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/fit/exterior/package_crossstyle/引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/fit/exterior/package_crossstyle/

○プリウス グレード一覧

グレード 駆動方式 メーカー希望小売価格
Aプレミアム ツーリングセレクション 2WD 3,199,745円
E-Four 3,394,145円
2WD 3,107,455円
E-Four 3,301,855円
ツーリングセレクション 2WD 2,926,800円
E-Four 3,121,200円
2WD 2,777,563円
E-Four 2,971,963円
ツーリングセレクション 2WD 2,628,327円
E-Four 2,822,727円
2WD 2,479,091円
E-Four 2,673,491円
2WD 2,429,018円

こうしてプリウスと比較するとクラスが異なることもあり価格帯が大きく異なります

フィットと直接競合となるのは同クラスの「アクア」でしょうが、フィットと比較するとアクアは後部座席・ラゲッジスペースを含めた室内空間は大きく劣り、使い勝手の面ではプリウスと比較検討するという方も居られます。

大きさについては次項で取り上げるとして、ここでは「Honda SENSING」を標準装備した【HYBRID・L Honda SENSING】プリウスの売れ筋グレード【S】「Toyota Safety Sense」を追加したものと参考にアクア【G】で価格比較してみます。

プリウス S 2,479,091円
+Toyota Safety Sense P 86,400円
2,565,491円
フィット HYBRID・L Honda SENSING 2,079,000円
アクア 2,052,000円

やはり、クラスが異なるため48万円の差となります。

同クラスのアクア【G】と比較すると約3万円の差でほぼ同価格となります。

フィットの「Honda SENSING」はアクアの「Toyota Safety Sense」と異なり、先行車追随機能付レーダークルーズコントロールであるACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉に対応しておりアクアよりもお買い得感があります。

しかし、プリウス・アクアのハイブリッドシステムは従来のガソリン車とは異なりトランスミッションの無い電気式無段変速機(遊星歯車)を介してエンジン・モーターを複雑に制御する、EVに近いシステムとなっていますが、フィットの場合はSPORT HYBRID i-DCD」と呼ばれるモーター内蔵式7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を介して制御するシステムで従来のガソリン車の延長上のシステムとなります。

プリウスのようにEV走行は可能ですが、プリウス(53kW[72PS])・アクア(45kW[61PS])に対し22kW[29.5PS]半分以下の出力のモーター81kW[110PS]ガソリンエンジンを主体とする走行となり常にモーターが常に稼働しているプリウス・アクアのハイブリッドシステムとは似て非なる走りとなります。

どちらのシステムもメリット・デメリットがありますがハイブリッドカーとしての低燃費性能と走行性能ではプリウスの最新のシステムが優位になります。

スポンサードリンク

【プリウス】VS【フィットハイブリッド】大きさってどんな感じ?

クラスの異なるプリウスとフィットハイブリッド。

それでもフィットハイブリッドは広い室内空間を確保しています。

まずは寸法から比較していきます。

参考としてアクアの寸法も併記しておきます。

○外寸

プリウス フィット アクア
全長 (mm) 4,540 3,990-4,045 4,050
全幅 (mm) 1,760 1,695 1,695
全高 (mm) 1,470 1,525-1,550 1,455
ホイールベース (mm) 2,700 2,530 2,550
車両重量 (kg) 1,310~1,390 1,080~1,230 1,060~1,100

○内寸

プリウス フィット アクア
室内長 (mm) 2,110 1.935 2,015
室内幅 (mm) 1,490 1.450 1,395
室内高 (mm) 1,195 1.280 1,175
荷室長 (mm) 890 680 722
荷室幅 (mm) 1,390 1,230 946
荷室高 (mm) 715 950 810
荷室容量 (L) 502 318 299~305

○側面図・上面図(前輪位置合わせ 赤線がプリウス)

外寸はプリウスより一回り以上コンパクトで同クラスのアクアに近いサイズとなります。

4m以下に収まる全長は細い路地などでは運転しやすくフィットのの美点といえますが、4m以下に収めるためにフロントバンパーのデザインが平べったい物で【HYBRID・S Honda SENSING】のフロントバンパーと比較するとデザイン性に劣るものとなるのが残念な点です。

HYBRID

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

○HYBRID・S Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

全高は空力性能を高めるために低く抑えられているプリウス・アクアと比較すると50mm以上高くなっておりデザイン的にも一般的なコンパクトハッチバックになっています。

内寸を比較していくと室内空間はプリウスに劣らない空間が確保されているのがわかってきます。

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/fit/2017/webcatalog/interior/cabin/

室内長アクアよりも70mm短くなりますが、プリウスに迫る室内幅プリウス以上の室内高のおかげでゆとりのある空間となっています。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/cabin/

シートにこだわったプリウスと比べて座面・背もたれ共に薄く、サスペンション形式など足回りの違いや「TNGA」による走行性能を含めて乗り心地の面ではプリウスには及びません

ロングドライブではやはりプリウスの方が快適で疲れが少ないでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/fit/2017/webcatalog/interior/utility/

ラゲッジスペースはプリウスよりも全長が短い分アクアよりは広いがプリウスと比べると小さな容量とはなっていますが、フィットの特徴である「センタータンクレイアウト」を活かしたリクライニング機構(1段階)付リアシートは床面へと沈み込んで折りたたむことによって低床で荷物が積みやすいフルフラットな荷室(ユーティリティー・モード)を作り出すことが出来ます。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/utility/

長さは窮屈とはなりますがプリウスのように天井高を気にせずに車中泊スペースを確保することが出来ます。

またミニバンのようにフロントシートを後ろにリクライニングさせて後席と一体化させたリフレッシュ・モードにすることが出来ますのでドライブ途中に脚を伸ばして休憩することが出来るのはプリウスには無い魅力です。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/utility/

また、シート座面のみを跳ね上げてリアシート空間に背の高い荷物を積載出来るトール・モードなどプリウスよりも使い勝手が良い面があります。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/utility/

スポンサードリンク

【プリウス】 VS【フィットハイブリッド】燃費の違いについて

最後に燃費

プリウス新開発ハイブリッドシステムの採用や、新世代シャシー「TNGA」とデザインの見直しによる空力性能の向上など、トヨタ最新の技術が投入され【E】グレードでは40.8km/L(JC08モード)、他グレードでは37.2km/Lのカタログ燃費となります。

対するフィットハイブリッドは【HYBRID】グレードで37.2km/L(4WD 29.4)、【HYBRID・F】【HYBRID・L Honda SENSING】34.0km/L(4WD 28.6)、【HYBRID・S Honda SENSING】31.0km/L(4WD 28.0)というカタログ燃費となっています。

最新のハイブリッドシステムを搭載するプリウスには劣りますが、アクア並の低燃費性能となっています。

実燃費ではどうでしょうか。

プリウス フィット アクア
カタログ燃費
(JC08モード)
37.2~40.8km/L 28.0~37.2km/L 34.4~38.0km/L
一般道 20~28km/L 17~20km/L 25~27km/L
高速道 28~30km/L 20~26km/L 27~29km/L
平均 22~26km/L 21~25km/L 24~28 km/L

プリウス・アクアと比べて電動モーター出力が劣りエンジン主体の走りとなるため、実燃費では走行状況により燃費に開きがありますが概ねプリウス・アクアよりも燃費性能は劣るようです。

高速道路などの高速域での走行ではエンジンを主体に使う場面が多いようで燃費は思ったほど伸びてきませんが、滑らかな加減速を心懸けると燃費は更に伸びるようです。

エアコンの省エネモード動作やアイドリングストップを増やすなど省燃費をサポートする「ECONモード」を多用したり、エコ運転をするほどメーター色が青から緑に変わる「コーチング機能」などのエコアシスト機能で省燃費な走行をドライバーに促す工夫もまた燃費向上に繋がっているようです。

プリウス・アクアと異なりモーターのみでのEV走行モードスイッチは無く、自動での切り替え任せなのでプリウス・アクアのように静かな場所で音を抑えての走行をするにはアクセル調整でEV走行になるようにしなければならないなどトヨタのハイブリッドシステムとはひと味違ったホンダのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」。

従来のガソリン車に近いシステムであるため燃費を伸ばすにはプリウス以上に丁寧な運転を求められますが、アクアと同価格帯でプリウスに劣らぬ室内空間のクルマが手に入ると思えば検討の価値はあると思います。

街乗りからロングドライブまでゆとりのある幅広い使い方が出来るプリウス

コンパクトサイズでありながらもゆとりのある室内空間でフル乗車でも苦にならないフィットハイブリッド

それぞれに美点があるので価格や燃費だけでなく実際に試乗してみて運転感覚を確かめ、使い方に合うクルマ選びをしてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする