【トヨタ プリウス】購入後の心配。維持費ってどれくらいかかるの?

みなさん、車の維持費は毎月どのくらいの費用が必要だとお考えですか?

車は、通勤や旅行、遠くへのお出かけ、送り迎え…沢山の用途で使用するケースが多いかと思いますが、今後の生活に大きく関わっていく車を購入すると思うと、折角なら「維持費が必要以上にかからない車」に乗りたいものですよね…。

今回はそんなお悩みを解決するべく、人気ハイブリット車の「トヨタ プリウス」にスポットライトを当てて詳しく説明していきます。

プリウスの特徴は、何と言っても、「世界初の量産ハイブリッド専用車」で、かなり「低燃費」で有名な車です。

さらに「走行音の静粛性」にも優れているそうですが、一方では「車体価格が高い…」なんて囁かれていることもあります。

そこで、気になるのは「車体価格」含め「維持費」ですよね。

燃費が良くても、維持費が高いんじゃ経済的には、損得ない…。

燃費が悪い車と、比較してどのくらい差が生まれるのかな…。

なんて疑問を持たれる方も、実際多いと思います。

そんな車購入でのお悩みを抱えている方必見!

今回は「トヨタ プリウス」の車体価格はいくら必要なのか、年間いくら必要なのか、月々いくら必要なのか、残価設定での購入額(残価設定とは何か)残価設定で購入した際の初期費用はいくらか…みなさんの気になるプリウスの実態を調査致しました。

それでは早速、プリウスの維持費を徹底解説致しましたので見てみましょう。

スポンサードリンク

プリウスの維持費はこのくらいかかるんです。

引用:https://toyota.jp/prius/

「トヨタ プリウス」は、「燃費性能」「静粛性」が特徴的な車で、国内だけはでなく世界的にトップレベルの燃費性能を持つトヨタの人気車です。

そんなプリウスの維持費を順を追って徹底解説していきましょう。

プリウスのグレードは?

まずは、プリウスのグレードを見てみましょう。

【車体詳細】
【エンジン】

【モーター】

※ ()内は、4WD。

※ 燃費は、JC08モードの数値。

グレードの差は、エンジン回りや車体のサイズ等では、あまり差が無いようですね。

では、今回の記事では「トヨタ プリウスE」で紹介していきます。

スポンサードリンク

年間の維持費はいくら必要なの?

プリウス(E)の年間の維持費は約210,000円1ヵ月当たりの維持費は約18,000円になります。

では、その内訳をしていきましょう。

税金

自動車税…車を保有している者、全員に課せられる「国によって決められているクルマの税金」です。

※ 納税通知書が市役所から届くので、それを支払う形になります。

※ 1年に1度、5月頃に通知書が届きます。

また、金額は車の排気量によって変わります。

・トヨタ プリウスの年間の、排気量は1,797ccなので、2,000ccに該当するのでセレナの自動車税は約39,500円です。

自動車重量税…名前の通り、「車の重さにより決まる税金」です。

車体の総重量が、重ければ金額は高くなります。

※ これは、車検と一緒に支払うことが来ます。

・トヨタ プリウスの場合は、2WDで1,310㎏です。

自動車税は、1年間で12,300円かかることになります。

自動車取得税…自動車を購入し、取得者に対して課税される税金のことです。

取得価格が50万を超える自動車には、必ず課せられる税金でこちらも払わなくてはなりません。

ですが、新型プリウスは100パーセント免除されるので実質0円になります。

保険

自賠責保険「法律により加入が定められている保険」

車で人を引いてしまった場合、相手方に「ケガ」「後遺症」「死亡」をさせてしまった時に必要な保険です。

この時、自身の「ケガ」や「後遺症」には使えません。

これも、自賠責保険も自動車重量税と合わせて、車検の時に支払います。

・プリウスは、新車購入に3年分39,120円を、車検の度に2年分27,840円をまとめて払います。

任意保険「任意で入る保険」


自賠責保険は事故をした際の相手への補償の負担を軽減する保険でしたが、こちらの任意保険は、事故をしてしまった時の自分の負担になる治療費や慰謝料、車修理費、代車代といった補償もになります。

任意保険は、必ず入らなくてはならない訳ではありませんが、いつどこで事故が起こるかは誰にも予想の出来ない事態なので、保険に加入することをオススメします。

・保険料は、1年間で、計25,000円~50,000円です。

※ 年間の走行量や免許証の色、何歳か、等級はいくつか等で価格は変わります。

車検

車検公道で問題なく次の時の車検まで走行が出来るかを検査すること。

この検査が通らない場合は、その車を運転することができなくなってしまいます。

車検が切れたままでそのまま、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

※ 車検は、ディーラーやお近くのガソリンスタンド、街の個人の車屋さんでも行うことができ、新車購入時は3年後に、それ以降は2年ごとの更となります。

・先ほど説明した自動車税と自賠責保険と合わせて、国に支払う検査の手数料の印紙代が車検代となり、車検の金額は、納付印紙代で1,100円です。

エンジンオイル交換…エンジンは金属の部分同士が高温で激しく動いています。

エンジンオイルには、金属同士の動きを円滑にすること、温度を下げる目的があり、エンジンを摩擦と熱から守っています。

プリウスは普通車なので、オイル交換の頻度は、5,000キロ走行、または6ヵ月間走行で、エンジンオイルの交換を行います。

大体4,000円~7,000円の間くらいで年間にすると10,000円くらいです。

ガソリン代

プリウスの燃費は全車種の燃費ランキングで2位、セダンの燃費ランキングで2位、ハイブリッドカーの燃費ランキングで1位の実績を持つ車です。

【年間1万キロ走った場合】
カタログ燃費37.2km/l: 1万km ÷ 実燃費 26.0km/l × 125円/l = 4.8万円
カタログ燃費40.8km/l: 1万km ÷ 実燃費 28.6km/l × 125円/l = 4.38万円
※ ガソリン価格については、125円/Lの場合。

平均にして、年間で約45,000円ですね。

その他、諸費用

車を綺麗な状態で長く保つためには、洗車・タイヤ交換・ワイパーのゴム買い替え・エアコンのフィルター交換等も必要ですね。

あとは、賃貸の場合は駐車場代も必要な費用になります。

最低でもかかる費用は、年間の合計で約70,000円になります。

再度、確認するとプリウス(E)の年間の維持費は約210,000円1ヵ月当たりの維持費は約18,000円になります。

更に、ここに車体価格が入るので、ローンを組んだ場合の料金を次の記事で確認してみましょう。

スポンサードリンク

ローンにすると月々このくらい。一例をご紹介。

トヨタ プリウスの車体価格は、グレードによって異なるので表で分かりやすく見ていきましょう。

表にしてみても…1か月あたり約5万~10万は…さらに先程の記事で説明した維持費の18,000円を加算すると、1か月あたりの出費は、約7万~12万は硬いですね。

ただ、実際に毎月々この金額の支払いがあると携帯代やその他の支払いで…支払いだらけになってしまいますよね。

そんなあなたに必見の、「残価設定」というものをご紹介致します。

メリットデメリットをその仕組みと一緒に分かりやすくご説明させていただきますので、次の記事を確認してみましょう。

残価設定という買い方

残価設定は、「残価クレジット」や「残価価格」等と呼ばれることもあります。

では早速、残価設定での金額までの流れを確認していきましょう。

残価設定って?

残価設定とは、簡単にまとめると「車体価格の半分の金額を分割で支払い」ます。

ですがこれでは少々、語弊があるので簡単に図にまとめて説明致します。

この画像を見て分かるように、「ローンから差し引かれた金額をお支払いする」というよりは、「全額お支払いはしますが、残りの半分の金額は何らかの形で支払います」という解釈になります。

その残りの半分の金額の支払方法をもう少し砕いてみていきましょう。

販売店で新車に乗り換え…車を新車で購入した販売店で、再度新たな車を新車で購入して頂ければ、残りの金額の支払を免除します。

車を売る…愛用していた車を、半分支払いをし終えた時点で、その車を売り査定してもらった金額を残りの半分の支払金額に充てます。

※ ディーラー以外での車検や、純正品以外のパーツが付いている際は査定金額に響く可能性があります。

③ 残金支払いで車買取。(一括/分割)…ご購入し半分を支払い終えたところで、その車を再度分割でお支払いしていき、その愛用していた車を買取ります。

その際は、一括の支払も分割の支払も可能ですが、金利は同様に必要になります。

この計算で行くとトヨタ プリウスの、お支払い価格は月々の48回分割で、約20,000円まで下げる事が可能です。

※ 頭金が、500,000円だった場合。

残価設定のメリット、デメリットは?

ただ、いいところだけ切り取ると、なんだかお得なイメージがありますが実際どうでしょう?
気になるメリット・デメリットを確認してみましょう。

【メリット】
① 月々のお支払いを20,000円以下に抑える事が出来る。※ 車体価格のみ
② 数年ごとに自分の好きな車に変える事が出来る。
③ 半分の金額を払い終えた時点で、3つの選択肢がある。
④ 新車に乗り換える際の手続きが通常より早い

【デメリット】
① 半分まで金額を払い終えたところで、売りに出す際は、事故歴や走行距離の縛りがある
社外品をつけてしまったり、ディーラー以外での車検を通すと査定に響く
車体の傷や損傷匂いや汚れも査定に響く
④ 年利が高くなるケースが高い。

どちらもメリットデメリットはごさいますが、どんな人がこの「残価設定」に合うのかまとめてみました。

「残価設定」はどんな人にピッタリ?

・毎月の出費をおさえたい

・限られた予算の中でより、グレードの高い車に乗りたい

定期的に、新車に乗り換えたい。

生活環境が変わる予定がある。

即日、車の購入手続きを終わらせたい。

月間走行距離が少ない

車のカスタマイズにこだわりがない。

そんな方には「残価設定」をオススメします。

まとめ

 世界的にトップレベルの燃費性能である。

● プリウス(E)の年間の維持費は約210,000円1ヵ月当たりの維持費は約18,000円になります。

● 残価設定は、「全額お支払いはしますが、残りの半分の金額は何らかの形で支払います」という形での支払いになる。

● メリット、デメリットは同じくらいある。

● 残価設定は、出費を抑えたい、あまり車への関心がない、新車好き、早く手続きを終わらせたい人にはオススメ。

いかがでしたか?「トヨタ プリウス」は人気車で、燃費性能と静粛性に優れている車なので、少々お値段は張りますが乗り心地の評価も良く、満足いただける車なので是非、この機会にご購入を試みてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする