【トヨタ プリウス】いつが買い時!?モデルチェンジはいつ?

「現在プリウスのご購入を考えている」または「既に車を乗っている」方、乗り心地や性能はいかがでしょうか?満足はなされていますか?

車は、更に外観、内装、機能や乗り心地なども含めより良いものを作り上げるために日々進化を遂げています。

その為、マイナーチェンジやモデルチェンジといった方法で、車をどんどん改訂していくのですが、折角新車をご購入するのであれば、より優れた性能の希望に沿った車を大切にしたいですよね…。

今回ご紹介する「トヨタ プリウス」は、プライベートはもちろん、仕事での送迎車や営業車、また、更にはタクシーやパトカーに使用される等、とても性能がよくなにかと重宝されるトヨタの人気車です。

その特徴は、「燃費」「静粛性」に優れていて、「世界初の量産ハイブリッド専用車」とも称される高評価を頂いている車です。

また、乗り心地もとても評判がよくあまり欠点が見当たらない車と言ってもいいでしょう。

そんな「トヨタ プリウス」が今後、マイナーチェンジをするという情報が入りましたので、今後の「トヨタ プリウス」のマイナーチェンジの情報を徹底調査した結果を「マイナーチェンジ情報」「どんな車になるのか予想」「どんな時期に発売されるのか」推測を含め確認していきましょう。

スポンサードリンク

今のモデルはいつまで?マイナーチェンジ情報

引用:https://carview.yahoo.co.jp/news/market

現行のモデルはいつまで?

現行のモデルの販売終了日は今のところまだ発表はされていません。

ですが、現行型の発売から売れ行きが目立って落ち込んだと言われています。

対前年比を見ると、2017年1月が47%、2月は84%、3月は71%、4月は48%で、発売直後とその翌年では、後者の売れ行きが下がっています。

売れ行きが下がるのは当然のことですが、半減というのはあまりにも下落のふり幅が大きいと言われています。

その為、新型のプリウスが発売された時の売れ行きとにらめっこしながら決めていくという予想がされています。

マイナーチェンジ最新情報

最新情報によると、11月28日、北米トヨタはプリウスの2019年モデルを発表しました。
上記画像の車が、発表された最新の「トヨタ プリウス」になります。

今までのプリウスとの変更点の大きな違いは、“AWD-eシステムと、エクステリアデザイン”の変更が主な変更点として挙げられます。

その他にも変更点がいくつかあるのでそちらも次の記事で一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

こんなふうになるかも。モデルチェンジ予想

先程、上記の記事で主な変更点を上げましたが、AWD-eシステムって何?と思われたかた、今回から発表された新システムなので大勢いらっしゃることでしょう。

では、その説明から他変更点も含めて確認していきましょう。

AWD-eシステムってなに?

変更点に挙げられたAWD-eシステムですが、なんだろう?どんな機能だろう?と疑問に思われた方は沢山いるかと思います。

なので、そちらの説明もしていきたいと思います。

AWD-eシステムとはトヨタが今回発表した新型のシステムのことで、4WDのさらなる燃費向上と新しい高い操縦安定性、走破性を目指し、システムを開発したものです。

従来型のエンジン車の中でも、より優れた走行性能と環境性能を両立をさせています。

新型4WDシステム「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」「新型E-Four」

従来のプリウスプリウス比較すると、かなり安全性能が上がったといっても過言ではないでしょう。

エクステリアデザインの変更点は?

今回の大きな変更点はいくつかありますが、その特徴の一つの大きな変更点はエクステリアで、予想段階では「最初フェイスはPHVよりになる」と言われていましたが、どんでん返しで全く想像のしていない形となって発表されました。

ここで、再度「プリウス PHV」と「従来のトヨタ プリウス」の画像と共に「最新のモデルチェンジされたプリウス」をおさらいしてみましょう。

【プリウス PHV】

引用:https://toyota.jp/priusphv/exterior/?padid=ag341_from_priusphv_navi_exterior

上記の画像が、モデルチェンジされた今回の新型プリウスにフェイスを寄せたと言われていたプリウス PHVです。

【従来 トヨタ プリウス】

引用:https://toyota.jp/prius/

ここまでは、よく街中で見かける「いつものプリウス」という感じがしますね。

【最新のモデルチェンジされたプリウス】


引用:https://carview.yahoo.co.jp/news/market

発表された新型プリウスは、PHVには似ても似つかないですが従来のプリウスと合わせて見てみると2つを足して2で割ったようなデザインになっていますね。

予想とは裏腹に、本来のプリウスの形に近い小変更となりました。

個人的には、スタイリッシュになってよりスッキリしたデザインになったかな?とも思います。

その他、変更点

【ハンドルやシフト周囲のカラー変更】
グレードによってではありますが、ハンドルやシフト周囲のカラーが、ホワイトからブラックに変更すると言われています。

今まではホワイトの部分が「便座」見える事からそのような名称で呼ばれていたという点も変更の要素なのかもしれないですね。(笑)

【バッテリー部分の変更】
FF車のバッテリーの全てをリチウムイオンバッテリーに変更すると言われています。

従来の「トヨタ プリウス」は、S系のグレードにニッケル水素バッテリーが搭載されていました。

【トヨタセーフティセンスが進化】
トヨタセーフティセンスが従来とは違い、第二世代に進化します。

新型で販売されているクラウンや、新型カローラスポーツと同等のものへの変更になります。

【リヤクロストラフィックアラート機能の追加】
Aグレード以上のプリウスには、駐車場からバックで出る時などに、横からくる車を検知する機能のリヤクロストラフィックアラート機能が追加されるようです。

【トヨタセーフティセンス標準装備】
これまでオプションとして追加をすることのできたトヨタセーフティセンスが、E、S系グレードにも標準装備となる予定です。

【コネクティッド機能標準装備】
新型クラウンや、新型カローラスポーツに採用されたものに類似の、コネクティッド機能も標準装備となる予定です。

【運転席パワーシート】
従来のプリウスには、Aプレミアムグレードにしか採用されていなかった、運転席パワーシートが、Aグレードにも展開される予定です。

価格も上がるって本当?

従来のプリウスの車体価格は、270万~290万の間でした。

予想の時点では大幅な価格アップの予定でしたが、実際の価格は5万円くらいアップでの発売でした。

価格はアップしましたが、大幅と言われていたのでこの金額での性能の良さはとても魅力的ですね。

スポンサードリンク

過去のサイクルからのマイナーチェンジ時期予想

上記の記事で変更点の予想は分かりましたが、そこで気になるのは発売時期ですよね。
その予想ももう発表されているので、詳しく確認していきましょう。

発売日はいつ?

プリウスのマイナーチェンジは、2018年12月17日~末と予想されています。

現行プリウスは、2015年12月に発売されたので、ちょうど3年程度でのマイナーチェンジになる予定です。

予約はいつからできるの?

いよいよディーラーにも、12月17日にマイナーチェンジされるという情報が入ってきて、正式な予約は、1ヶ月前から受付が始まるので、11月中旬ごろから予約受付が始まると予想されていました。

ですが、予約開始まではもう少し時間がかかりそうですね。

今回はマイナーチェンジなので、以前よりはプリウスの人気も落ちてきているのもあり、大きく変わる言われているデザインを確認してから予約を入れるのもいいですね。

まとめ

● 現行のモデルの販売終了日は、今のところまだ発表はされていない。

● 現行型の発売から売れ行きが目立って落ち込んだと言われている。

PHVに似たデザインと言われていたが、PHVには似ても似つかないデザインである。

● 今回の変更点はとても多いと言われている。

価格は、予想されていたよりは上がっていなかった

● 発売日は、2018年12月17日~末と予想されている。

いかがでしょうか?マイナーチェンジ点の変更点は沢山あると予想されています。

今回のプリウスも前回同様、売れ行きがとても期待が出来そうです。

予約も、早く埋まってしまうと思いますが、もう少し新型プリウスの情報がしっかり出てからも遅くないそうなので焦らず、ゆっくりとその情報を待つのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする