【トヨタ RAV4】との比較。どっちがいいの?

下取りは必ず一括査定サイトを使ってください!

例えばディーラーで交渉して、最初30万円の下取りが35万円にアップしたとしましょう。

しかし、買取業者ではこのレベルの車が80万円になることも多々あります。

一括査定サイトでは、あなたのお車を大手下取り会社の最大10社が

あなたのお車の買い取り価格を競い合って下取りしてくれるので、

結果的に値段が吊り上がっていくことになります。

 

マツダのクロスオーバーSUV【CX-5】

日本のミドルサイズSUV市場において人気の高い【CX-5】の強力なライバル車として2019年4月より発売開始した【トヨタ RAV4】

似通ったサイズ・動力性能・価格帯【CX-5】と真っ向からぶつかる【RAV4】との比較をしていきます。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【トヨタ RAV4】価格について

引用:https://toyota.jp/rav4/

【トヨタ RAV4】は新世代コンセプト「TNGA」に基づく新型シャシー新型エンジンを搭載した走行性能・燃費性能の高いクロスオーバーSUVで、流れる曲線が美しい上質なデザインの【CX-5】とは対称的SUVらしいタフなデザインとなっています。

エコカーとしてはディーゼルエンジンを搭載する【CX-5】に対しハイブリッド車の【RAV4】という違いはありますが、共に2.0Lガソリンエンジン車をラインナップするなど似通った面の多い両車を比較していきます。

まずは価格について比較していきます。

■CX-5

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

ガソリンエンジン

グレード 駆動方式 価格(消費税込)
20S 2WD (6AT) 2,618,000円
20S PROACTIVE 2WD (6AT) 2,854,500円
25S 4WD (6AT) 2,849,000円
25S PROACTIVE 4WD (6AT) 3,085,500円
25S L Package 2WD (6AT) 3,074,500円
4WD (6AT) 3,305,500円
25T L Package 2WD (6AT) 3,388,000円
4WD (6AT) 3,619,000円
25T Exclusive Mode
(特別仕様車)
2WD (6AT) 3,718,000円
4WD (6AT) 3,949,000円

ディーゼルエンジン

グレード 駆動方式 価格(消費税込)
XD 2WD (6AT/6MT) 2,937,000円
4WD (6AT/6MT) 3,168,000円
XD PROACTIVE 2WD (6AT/6MT) 3,173,500円
4WD (6AT/6MT) 3,404,500円
XD L Package 2WD (6AT/6MT) 3,393,500円
4WD (6AT/6MT) 3,624,500円
XD Exclusive Mode
(特別仕様車)
2WD (6AT/6MT) 3,723,500円
4WD (6AT/6MT) 3,954,500円

■RAV4

引用:https://toyota.jp/rav4/

ガソリン(2.0L)

グレード 駆動方式 価格(消費税込)
X 2WD (Direct Shift-CVT) 2,656,500円
4WD (Direct Shift-CVT) 2,887,500円
Adventure 4WD (Direct Shift-CVT) 3,195,500円
G 4WD (Direct Shift-CVT) 3,261,500円
G“Z package” 4WD (Direct Shift-CVT) 3,410,000円

ハイブリッド(2.5L+モーター)

グレード 駆動方式 価格(消費税込)
HYBRID X 2WD(電気式無段変速) 3,261,500円
E-Four(電気式無段変速) 3,514,500円
HYBRID G E-Four(電気式無段変速) 3,888,500円

このうち単純比較しやすい2.0Lガソリンエンジン(2WD)ハイブリッド車・ディーゼルエンジン車の価格帯をピックアップするとこのようになります。

CX-5 RAV4
価 格
(税込)
ガソリン
2.0L 2WD
261.8285.4万円 265.7万円
HV 326.1388.9万円
ディーゼル 293.7395.5万円

【CX-5】の方が安い価格から始まっています最廉価グレード「20S」「XD」にはレーンキープアシストが設定されない点を踏まえると【RAV4】の方が実質的に安くなっています

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

レーンキープアシストが設定される「20S PROACTIVE」は約23万円UPとなりますが運転席パワーシート・パワーリフトゲート・19インチタイヤといった装備も追加される事から実際の価格帯は似通っている、といえるでしょう。

【CX-5】ディーゼルエンジン車【RAV4】HYBRIDとの比較すると特別仕様車「XD Exclusive Mode」を除くと【CX-5】の方が安価となっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

安全装備が同等となる【CX-5】「XD PROACTIVE」【RAV4】「HYBRID X」を比較すると【CX-5】「XD PROACTIVE」の方が安価でありながらも19インチタイヤ・運転席パワーシート・パワーリフトゲートを装備していてお買い得感が高くなっています

引用:https://toyota.jp/rav4/

ただし、【RAV4】は状況に合わせて最適な走りを選択出来る「ドライブモードセレクト」、路面状況に応じた4WD性能を引き出す3つのモード(MUD&SAND/NORMAL/ROCK&DIRT)を選択できる「マルチテレインセレクト」システムを備え、【CX-5】とは異なるオフロード寄りのキャラクターを主張している点に注目です。

引用:https://toyota.jp/rav4/

他に【RAV4】には「パワーバックドア」を更に便利にするハンズフリーパワーバックドア」が「G“Z package”」に標準装備・「Adventure」「HYBRID G」にメーカーオプション設定されており、お買い物やレジャーシーンにおいて便利に使える魅力的な装備なので【CX-5】にも設定してほしいですね。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【トヨタ RAV4】大きさってどんな感じ?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/ https://toyota.jp/rav4/

次に【CX-5】と【RAV4】のサイズを比較していきます。

CX-5 RAV4
寸法

(mm)

全 長 4545 4600
4610
全 幅 1840 1855
1865
全 高 1690 1685
1690
室内長 1890 1890
室内幅 1540 1515
室内高

[サンルーフ]

1265

[1215]

1230

[1210]
(パノラマムーンルーフ)

[1200]
(チルト&スライド電動ムーンルーフ)

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/ https://toyota.jp/rav4/

全長【RAV4】が55~65mm長く全幅15~25mm広くなり、【CX-5】より迫力のある見た目通り【RAV4】の方が若干大きくなっています。

ただし全高はほぼ同等となります。

寸法的には両車共にミドルサイズミニバン程度の駐車スペースで充分収まるサイズとなっていて駐車場探しに困る、ということは無いでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

室内寸法に目を向けてみると室内長は同寸ですが室内幅【CX-5】の方が25mm広く室内高35mm高くなって【CX-5】の方が若干広く感じるでしょう。

引用:https://toyota.jp/rav4/

両車共に1500mm以上の室内幅があるのでリアシートに大人三人が余裕をもって座れるスペースとなるので5人フル乗車でも快適なドライブを楽しめるでしょう。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/ https://toyota.jp/rav4/

両車共に見晴らしの良い前方視界を実現しているのも共通していますが、【RAV4】には更に前席から後席まで開放感をもたらす「パノラマムーンルーフ」が一部グレードにメーカーオプション設定されています。

引用:https://toyota.jp/rav4/

後席から、空を駆けるような景色が見晴らせる広大な開口部からさわやかな風と光を呼び込みます。

スポンサードリンク

【CX-5】VS【トヨタ RAV4】燃費の違いについて

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【CX-5】と【RAV4】の燃費を比較していきます。

まずは両車のエンジンスペックを紹介します。

■CX-5

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

エンジン
タイプ
SKYACTIV-D 2.2 SKYACTIV-G 2.5T SKYACTIV-G 2.5 SKYACTIV-G 2.0
エンジン
種類
水冷直列4気筒
直噴ターボ
水冷直列4気筒
総排気量(L) 2.188 2.488 2.488 1.997
最高出力
(kW[PS]/rpm)
140[190]
/4,500
169[230]
/4,250
138[188]
/6,000
115[156]
/6,000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
450[45.9]
/2,000
420[42.8]
/2,000
250[25.5]
/4,000
199[20.3]
/4,000
使用燃料 軽油 無鉛レギュラーガソリン

■RAV4

引用:https://toyota.jp/rav4/

エンジン
タイプ
2.0L
DYNAMIC FORCE ENGINE
HYBRID SYSTEM
2.5L
DYNAMIC FORCE ENGINE
フロント
モーター
リヤ
モーター
(E-Four)
エンジン種類 水冷直列4気筒 交流同期電動機
総排気量(L) 1.986 2.487
最高出力
(kW[PS]/rpm)
126[171]
/6,600
131[178]
/5,700
88[120] 40[54]
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
207[21.1]
/4,800
221[22.5]
/3,600〜5,200
202[20.6] 121[12.3]
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

引用:https://toyota.jp/rav4/

【RAV4】のエンジン新開発の「ダイナミックフォースエンジン」を搭載しており、初代【CX-5】から搭載されている「SKYACTIVエンジン」よりも新しいエンジンとなっています。

同じ2.0Lガソリンエンジンを比較すると

CX-5 最高出力 115kW[156PS]/6,000rpm
最大トルク 199N・m[20.3kgf・m]/4,000rpm
RAV4 最高出力 126kW[171PS]/6,600rpm
最大トルク 207N・m[21.1kgf・m]/4,800rpm

【RAV4】の方がパワフルなエンジンとなっています。

組み合わされるトランスミッションを比較すると【RAV4】ガソリン車は従来のCVTに発進用ギヤを追加した「Direct Shift-CVT」(ギヤ機構付自動無段変速機+10速シーケンシャルシフトマチック)を搭載するのが最大の特徴となっており、【CX-5】の6ATよりも燃費性能に優れた面があります。

【CX-5】のディーゼルエンジントルクフルで低燃費、そして燃料代の安さによる経済性の高さが自慢のユニットです.

引用:https://toyota.jp/rav4/

対する【RAV4】のハイブリッドは新開発の「2.5Lダイナミックフォースエンジン」と最新ハイブリッドシステムの組み合わせ優れた動力性能と低燃費を実現しています。

さらにトヨタハイブリッドでは珍しくマニュアル感覚のシフトチェンジができる6速シーケンシャルシフトマチックを備えていて【CX-5】に負けず劣らずスポーティーな走りを楽しめます

次に、カタログ燃費を比較していきます。

■カタログ燃費 比較表

(単位:km/L)

WLTC
モード
市街地
モード
(WLTC-L)
郊外
モード
(WLTC-M)
高速道路
モード
(WLTC-H)
CX-5 ガソリン
2.0L
2WD 14.6 11.9 15.1 16.2
ガソリン
2.5L
2WD 13.8 10.8 14.3 15.7
4WD 13.0 10.2 13.4 14.7
ガソリン
2.5Lターボ
2WD 12.6 9.4 12.9 14.4
4WD 12.2 9.1 12.4 14.1
ディーゼル
(6AT)
2WD 17.4 13.9 17.6 19.6
4WD 16.6 13.6 16.5 18.6
ディーゼル
(6MT)
2WD 19.4 16.9 19.2 20.9
4WD 18.6 16.3 18.4 20.0
RAV4 ガソリン 2WD 15.8 11.9 16.1 18.1
4WD 15.2 11.5 15.5 17.4
HV 2WD 21.4 19.4 23.4 21.1
4WD 20.6 18.1 22.4 20.7

ガソリンエンジン車で比較対象となるのは同じ2.0Lガソリンエンジンとなります。

2.0Lダイナミックフォースエンジン」と「Direct Shift-CVT」が組み合わされる【RAV4】の方が優位となっており、燃費を比較するとWLTCモード・高速道路モード燃費では【CX-5】が一歩劣りますが似通った燃費となります。

ディーゼルエンジンの比較対象になるのが同じくエコカー減税対象となるハイブリッド車でしょう。

トヨタのハイブリッド車の特徴としてモーター出力が大きく「EV」に近い性質である事が上げられ、燃費性能では【CX-5】ディーゼル(6AT車)を大きく上回ります

しかし【CX-5】ディーゼル6MT車では燃費性能差を縮める事が出来ます

ガソリン軽油、燃料が異なる事もあって単純に燃費性能だけでは燃料代を比較するのが難しくなっています

では燃料代はどのような差になるのか2019年11月現在レギュラーガソリン145円/リットル・軽油125.0円/リットルの価格を元に、100km走行する場合の燃料代WLTCモード燃費ベースで比較してみます。

WLTCモード
燃費
100km走行
燃料代
CX-5 ガソリン
2.0L
2WD 14.6km/L 993円
ガソリン
2.5L
2WD 13.8km/L 1,051円
4WD 13.0km/L 1,115円
ガソリン
2.5Lターボ
2WD 12.6km/L 1,151円
4WD 12.2km/L 1,189円
ディーゼル
(6AT)
2WD 17.4km/L 718円
4WD 16.6km/L 753円
ディーゼル
(6MT)
2WD 19.4km/L 644円
4WD 18.6km/L 672円
RAV4 ガソリン 2WD 15.8km/L 918円
4WD 15.2km/L 954円
HV 2WD 21.4km/L 678円
4WD 20.6km/L 704円

ガソリンエンジン 2.0Lで比較すると【CX-5】が993円【RAV4】が918~954円若干【RAV4】が安くなります

よりパワフルな【CX-5】2.5Lガソリンエンジンでは1,000円を突破する燃料代となり、2.5Lターボエンジンでは1,100円を突破パワーと引き換えに燃料代が嵩む結果となっています。

【CX-5】ディーゼル【RAV4】HYBRIDを比較すると、【CX-5】ディーゼルがAT車で718~753円6MT車は更に安く644~672円、対して【RAV4】HYBRIDが678~704円という燃料代となりレギュラーガソリンと軽油の価格差もあって【CX-5】ディーゼルハイブリッド車に劣らぬ経済性の高さを示しています。

この燃料代と車両本体価格の差を踏まえると【CX-5】ディーゼルエンジン車と【RAV4】HYBRIDは同等の経済性能を持っている、と考えて良いでしょう。

まとめ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/ https://toyota.jp/rav4/

【CX-5】【RAV4】価格・サイズ・動力性能がかなり似通ったクロスオーバーSUVで、2019年4月の発売以来【RAV4】は【CX-5】を上回る人気を獲得しています。

年次改良が加えられ性能向上しているとはいえ2016年12月発売の【CX-5】よりも新しく、最新のクルマ作りのシステムである「TNGA」に基づく最新プラットフォーム・新型エンジンが組み合わされた【RAV4】と比べると【CX-5】が不利なのは否めません

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

しかし【CX-5】には【RAV4】には無いパワフルな2.5L直噴ターボエンジンSKYACYIV-G  2.5T」が用意されておりSUVらしい豪快な走りを楽しめるなどの魅力があり、日常からアウトドアレジャーまで【RAV4】よりも幅広いニーズに応えられるという特徴があります。

更に、「SKYACYIV-G 2.5T」「SKYACYIV-G 2.5」のトルク向上、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の最新版への更新などの改良が加えられた2020年型が投入される予定となっています。

【CX-5】の商品力が更に向上する事で【RAV4】と共にミドルサイズクロスオーバーSUV市場を競い合っていくでしょう

引用:https://toyota.jp/rav4phv/new-rav4phv/

ちなみに【RAV4】の今後の展開として「RAV4史上、最強で最速」を謳うプラグインハイブリッド車【RAV4 PHV】2020年夏発売予定となっており、【三菱 アウトランダーPHEV】の寡占状態であるプラグインハイブリッドSUV市場に一石を投じる存在となりそうです。

アイキャッチ画像引用URL:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/ https://toyota.jp/rav4/

【トヨタ プリウス】が値引き金額より更に50万円安く買える方法

●【トヨタ プリウス】が欲しいけど予算オーバーだ
●1円でも安くプリウスを購入したい
●安くなればその分欲しいオプションも付けられる
●ディーラーの言いなりだとなんだか損させられている気がする
●ディーラー巡りをして価格交渉をするのは面倒・・・

など【トヨタ プリウス】の購入を検討しているものの、悩みが尽きない・・

よほど、予算に余裕がある人以外は誰もが悩むところではないでしょうか。

ディーラーと交渉して値引きを獲得したとしてもそれが本当に限界価格なのか

周りに価格交渉に詳しい人がいなければ、どう交渉して値引きを獲得していくのかもよくわかりませんよね。

同じ車を買うのであれば少しでもお得に買いたい!

そんな皆さんの悩みを解決出来る裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使ってください!

下取りは必ず一括査定サイトを使ってください!

例えばディーラーで交渉して、最初30万円の下取りが35万円にアップしたとしましょう。

しかし、買取業者ではこのレベルの車が80万円になることも多々あります。

一括査定サイトでは、あなたのお車を大手下取り会社の最大10社が

あなたのお車の買い取り価格を競い合って下取りしてくれるので、

結果的に値段が吊り上がっていくことになります。

 

スポンサードリンク
 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする