【エクストレイル】のライバルはこれだ!購入時に役立つライバルチェック

【日産 エクストレイル】は日産のミドルサイズSUVです。

「タフギア」をコンセプトにFF乗用車ベースでありながらもオフロード重視のSUVとして2000年に発売、2001~2010年度まで連続してSUV販売台数No.1を記録する人気車となりました。

ここでは【日産 エクストレイル】についてライバルと比較していきます。

スポンサードリンク

【日産 エクストレイル】はこんな車

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

【日産 エクストレイル】2000年に登場した初代2007年に登場の2代目に続き、現行型は2013年に発売開始されました。

2015年にハイブリッド車が追加設定、2017年には高速道路での走行時のアクセル・ブレーキ・ステアリング操作をサポートする運転支援技術「プロパイロットが一部グレードに設定されました。

引用:https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/ff_hy.html

ハイブリッド1モーター2クラッチを備える日産独自のハイブリッドシステム「インテリジェントデュアルクラッチコントロールで、エンジンとモーターの間に「クラッチ1」を、モーターとCVTの間に「クラッチ2」を設置、「クラッチ1」の切換で状況に応じたエンジンとモーターの制御を行うシステムで、コンパクトなサイズなのでガソリン車と遜色ないラゲッジスペースを確保しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance_safty/nim.html

プロパイロット」は前を走る車や走行車線の白線を認識してアクセル・ブレーキ・ステアリングの自動制御によって前の車との車間距離・走行車線の中央をキープすることで高速道路での単調な“渋滞走行”と長時間の“巡航走行”におけるドライバーの負担を軽減します。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance_safty/nim.html

その他、先進技術として走行状況に応じて前後トルク配分を電子制御する4WD「インテリジェント4×4」は滑りやすい路面での走行安定性を向上させる「ヨーモーメントコントロール」やエンジンとブレーキの制御を行うことで起伏のある路面走行時に車体の振動を抑制する事で乗り心地と安心感を向上させる「インテリジェント ライドコントロール(車体振動抑制システム)」、コーナリングやブレーキ時にエンジンブレーキを付加する事でブレーキペダル操作を軽減する「インテリジェント エンジンブレーキ」といった機能を備え、4WDグレード人気が集まっています

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/luggage.html

便利な機能としてはリヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアの開閉が可能となるハンズフリー機能付「リモコンオートバックドアが上位グレードに設定されています。

荷物で両手が塞がっている時などに便利な機能です。

【日産 エクストレイル】のグレードは以下の通りとなります。

ガソリン車には2列シート・3列シートがラインナップされ、ハイブリッド車は2列シートのみとなります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/seat_arrangement.html

3列目シート足元スペースが狭いためエマージェンシーシート的な使い方しか出来ませんが、いざという時に役立つ装備です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

ガソリン車・ハイブリッド車共にカスタムカー「AUTECH」とタフな内外装に仕上げられた特別仕様車「エクストリーマーX」(4WDのみ)がラインナップされています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/specifications/nismo.html

また日産のモータースポーツブランド「NISMO」が開発したカスタマイズパーツ「NISMO Performance Package」が用意されており走りとデザインにこだわったSUVに仕上げることが出来ます。

国内販売されているSUVでは珍しい、3列シート仕様が用意されている【日産 エクストレイル】は、時々6人以上の人を乗せる機会があるがミニバンではなくSUVが欲しい、というニーズに応えるクルマで、欧米では人気のあるカテゴリーとなっています。

また全12色のボディーカラーが用意されており自分好みの【エクストレイル】を選ぶ事が出来ます。

スポンサードリンク

【日産 エクストレイル】のライバルは?

【日産 エクストレイル】のライバルを紹介していきます。

トヨタ

ハリアー

引用:https://toyota.jp/harrier/

RAV4

引用:https://toyota.jp/rav4/

C-HR

引用:https://toyota.jp/c-hr/

レクサス

UX

引用:https://lexus.jp/models/ux/

ホンダ

CR-V

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

ヴェゼル

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

マツダ

CX-8

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-5

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

スバル

フォレスター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html

三菱

アウトランダー/アウトランダーPHEV

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/grade/g_plus_package.html

エクリプスクロス

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/grade/g_plus_package.html

RVR

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/rvr/grade/g.html

プジョー
3008

引用:https://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/3008-suv.html

BMW
X1

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/lines-and-equipment.html

フォルクスワーゲン
ティグアン

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html

アウディ
Q3

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q3/q3.html

メルセデスベンツ
GLA

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore/model-year-update.module.html

フィアット
500X

引用:https://www.fiat-auto.co.jp/500x/

SUVは海外でも人気のあるカテゴリーですので国内メーカーのみならず海外メーカーからもライバル車種が発売されています。

【エクストレイル】には3列シート仕様が用意されていますが、ライバル車種でも3列シートを備えた車種・グレードがあります。

【ホンダ CR-V】【マツダ CX-8】【三菱 アウトランダー】といった車種です。

引用:https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/27772621.html

トヨタが「ニューヨークモーターショー2019」で【RAV4】の3列シート版といえる新型【ハイランダー】を発表してきたりと今後は国内市場でも3列シートSUVが増えていく事が期待されます。

スポンサードリンク

【日産 エクストレイル】とライバル車を比較してみた

【日産 エクストレイル】とライバル車種を比較していきます。

多くのライバル車種のうち、価格帯の近い車種と同クラスで3列シートを備える車種をピックアップしてみます。

【エクストレイル】(2列シート)

RAV4 ガソリンエンジン燃費はWLTCモード燃費からの推測値。

まずは2列シートのライバル車種から。

このうち【トヨタ RAV4】2019年4月に発売開始されたばかりのニューカーで、価格帯・性能共に【日産 エクストレイル】の一番のライバルとなってくるでしょう。

引用:https://toyota.jp/rav4/

【RAV4】は新世代シャシー「TNGA」と新型エンジンを搭載した走行性能・燃費性能の高いSUVで【エクストレイル】と同様にSUVらしいタフでスタイリッシュなデザインが自慢の一台です。

トヨタのハイブリッド車の方がモーター出力が大きい事もあり燃費は大きく離されています。

引用:https://toyota.jp/rav4/

【RAV4】の4WDはガソリン車は「ダイナミックトルクベクタリングAWD」と呼ばれる電子制御により前後輪トルク配分を100:0~0:100まで配分出来る4WDで、ハイブリッド車電気式4WDシステム「E-Four」を搭載し前後輪トルク配分を100:0~20:80まで配分出来る4WDとなっており状況に応じたトルク配分を行う点では【エクストレイル】に劣らぬ性能を誇ります。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

【ホンダ ヴェゼル】1.5L NA・ターボ・ハイブリッドと3種類のエンジンをラインナップしておりエクストレイルよりも1クラス下のクルマとなりますが室内空間の広さでは【エクストレイル】と同等となり、最高出力127kW[172PS]/5,500rpmのターボエンジン2.0Lエンジンの【エクストレイル】並の性能を誇ります。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

「ACC(追従クルーズコントロール)」機能付の予防安全装備「Honda SENSING」が標準装備されるのも魅力的です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

【マツダ CX-5】2.0Lガソリン・2.5Lガソリン・2.5Lターボ・2.2Lディーゼルと4種類のエンジンをラインナップしており、2.2Lディーゼルエンジン車は他車のハイブリッド車と同じくエコカー減税対象車となり、ガソリンよりも単価の安い軽油を使う事による経済性とディーゼル特有の力強いトルクフルな走りが魅力的です。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/eclipse-cross/exterior/

【三菱 エクリプス クロス】1.5Lターボエンジンを搭載、車体寸法は一回りコンパクトですがエンジンスペックでは【エクストレイル】ガソリン車並の性能となり、4WDはクルマの挙動とドライバーの操作を各部のセンサーで検知・制御する「S-AWC(車両運動統合制御システム)」(一部グレードにオプション設定)と【エクストレイル】に劣らぬ走行性能を誇ります。

次に3列シートを備えるライバル車種と比較していきます。

【エクストレイル】(3列シート)

CX-8 ディーゼルエンジン燃費はWLTCモード燃費からの推測値。

このうち、日常的に3列目シートを利用する事を考慮したスペースを確保しているのは【CR-V】と【CX-8】となります。

引用:https://www.honda.co.jp/CR-V/

【CR-V】は【エクストレイル】より短い全長ながらもミニバンのように2列目シートにスライド機構を備えることで3列目の足元スペースを確保出来る様になっており頭上スペースを除けば充分な空間を確保しています。

予防安全装備「Honda SENSING」・カーナビ・運転席パワーシートなど装備が充実していることもあって【CR-V】の方が1クラス上の価格帯となり、【エクストレイル】と比較する際には予防安全装備・カーナビ・ETC2.0などの装備を付加した状態で比較する必要があります。

車線逸脱防止支援システムが含まれる「プロパイロット」が+13.2万円クルーズコントロール・ふらつき警報・NissanConnectナビゲーションシステムのセットオプション33.4万円計46.6万円増となり【CR-V】との価格差は縮まってきます

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

【CX-8】ミニバン並の空間を確保しており3列目でも大人がゆったりと座ることが出来ますが、全長4900mm大型ミニバン並の長さで室内空間を確保している事もあり、取り回しや駐車スペースなど【エクストレイル】よりも扱いにくさを感じる場面が出てきます

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/interior/

アウトランダーは3列目シートの足元スペースなど【エクストレイル】に近い使い勝手と価格帯となっています。

4WDは2.4Lエンジンのみとなり、電子制御で走破性能を高める「S-AWC」がメーカーオプション、予防安全装備「e-Assist」は標準装備(後方検知機能は最廉価グレードを除きメーカーオプション)と【エクストレイル】との単純比較が難しいのが難点ですが2.4Lエンジンは7人乗車でも余裕のあるパワーを発揮する魅力があります。

まとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

【日産 エクストレイル】スポーティーでスタイリッシュなデザインと「プロパイロット」「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」「インテリジェント 4×4」「インテリジェント パーキングアシスト」といった先進技術が投入されたSUVでライバル勢に劣らぬ魅力を持っています。

人気があるのはやはり電子制御による安定感のある走行性能を誇るインテリジェント 4×4」を装備した4WDグレードとなります。

ハイブリッド車でも4WDがラインナップされている事も【エクストレイル】の特徴で、雪国や最近人気のキャンプなどのアウトドアレジャーなど滑りやすい路面・不整路でもタフに使えるハイブリッド車として魅力的です。

今後国内市場でも人気が出てくると予想される3列シートグレードも用意されており、SUVでありながらもミニバン的な使い方も出来ます。

【日産 エクストレイル】を検討する際にはカタログ・展示車・試乗で実際のクルマを確認しつつ、ここで紹介したライバル車種を比較して検討していく事をオススメします。

アイキャッチ画像引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/ https://toyota.jp/rav4/index_a.html https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/functionality/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする