トヨタのおすすめ新型ハイブリッド車を比較!人気ランキング

1997年に世界初の量産型ハイブリッドカー【プリウス】が登場して以来、トヨタから数々のハイブリッド車が生み出されてきました。

現在ではよりEVに近い「PHEV」が登場するなど20年間のうちに国内外のメーカーから様々なハイブリッド車が販売され続けています。

ここではトヨタのハイブリッド車の中からおすすめのクルマを取り上げていきます。

スポンサードリンク

ハイブリッド車とは?

引用:https://toyota.jp/technology/powerunit/hybrid/

ハイブリッド車とは、二つ以上の動力源(原動機)をもつ自動車の総称です。

現在一般的なハイブリッド車といえばエンジン(内燃機関)電動モーターを動力源とした電動ハイブリッド車の事です。

引用:https://global.toyota/jp/detail/1666903

トヨタのハイブリッド車は「TOYOTA Hybrid SystemTHS)」と呼ばれるエンジンモーターそれぞれの長所を最大限活かせるシステムで現在販売されてるトヨタのハイブリッド車は「THS-Ⅱ」と呼ばれるシステムが搭載されています。

エンジン+モーターでの走行エンジンのみでの走行モーターのみでの走行など走行条件によって動力を使い分けるのが特徴でモーターのみで発進する【プリウス】1997年に発表された時は大きな話題となりました。

引用:https://toyota.jp/technology/powerunit/hybrid/

遊星ギア(動力分割機構)の制御によりエンジンとモーターの動力を配分、通常走行時の余剰エネルギーと減速時のエネルギーをバッテリーに保存する「回生ブレーキ」で充電発進時・低速時・軽負荷時ではモーター走行通常走行時エンジンを主動力として加速時など高負荷時にはエンジンとモーター二つの動力を合わせることで1クラス上の力強さを発揮します。

余剰エネルギー・減速エネルギーを効率的に活用する事で優れた低燃費実現37~39km/L(プリウス)という通常のエンジン車では実現困難な燃費性能を実現しています。

引用:https://toyota.jp/priusphv/

TOYOTA Hybrid SystemTHS)」は更に発展し、外部電源から直接充電する「プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)」である【プリウスPHV】が投入されています。

スポンサードリンク

トヨタのハイブリッド車一覧

トヨタが2019年4月現在に国内販売しているハイブリッド車をカテゴリー別に紹介していきます。

○コンパクトカー

カローラスポーツ

引用:http://toyota.jp/corollasport/

アクア

引用:http://toyota.jp/aqua/

ヴィッツ

引用:http://toyota.jp/vitz/

○ミニバン

アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/

ヴェルファイア

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ノア

引用:https://toyota.jp/noah/

ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

エスクァイア

引用:https://toyota.jp/esquire/

エスティマハイブリッド

引用:https://toyota.jp/estima/

シエンタ

引用:http://toyota.jp/sienta/

○セダン

センチュリー

引用:http://toyota.jp/century/

クラウン

引用:https://toyota.jp/crown/

カムリ

引用:https://toyota.jp/camry/

プリウス

引用:https://toyota.jp/prius/

カローラアクシオ

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/

○ワゴン

プリウスα

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

カローラフィールダー

引用:https://toyota.jp/corollafielder/

○SUV

ハリアー

引用:https://toyota.jp/harrier/

RAV4

引用:https://toyota.jp/rav4/

C-HR

引用:https://toyota.jp/c-hr/

○ライトバン

サクシード / プロボックス

引用:https://toyota.jp/probox/

○トラック

ダイナ カーゴ / トヨエース カーゴ

引用:https://toyota.jp/toyoacecargo/

○タクシー

ジャパンタクシー

引用:https://toyota.jp/jpntaxi/

上記のようにコンパクトカー・ミニバン・セダン・ワゴン・SUVといった乗用車からライトバン・トラック・タクシーといった商用車まで様々な車種が販売されています。

引用:http://toyota.jp/aqua/

現在トヨタのハイブリッド車で主力となっているのはコンパクトカー【アクアです。

2代目【プリウス】のユニットをベースにしたコンパクトな1.5Lハイブリッドシステムを搭載した【アクア】は2011年の発売以来、好調な売れ行きを維持し続けています。

引用:https://toyota.jp/prius/

現行(4代目)【プリウス】から始まった新世代プラットフォーム「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)を採用した新世代ハイブリッドカーが、【C-HR】、【カムリ】、【カローラスポーツ】、【クラウン】と次々に投入されてきており、2019年4月から最新のトヨタ ハイブリッド車【RAV4】が発売されました。

引用:https://toyota.jp/rav4/

国内では約2年8ヶ月ぶり販売されるクロスオーバーSUV【RAV4】は【カムリ】をベースに新型2.5Lハイブリッドシステムを搭載、4WDグレードでは走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する電気式AWDシステム「E-Four」が採用されました。

【C-HR】よりも一回り大きな寸法となりますが、【C-HR】には設定されていない4WDグレードが用意されているなど雪国など滑りやすい路面での走破性を求める方には同クラスのSUV【ハリアー】と同じく使いやすいSUVとなります。

【ハリアー】と比較すると全長・室内長は短く、全幅・室内幅では若干広めと似通った寸法となっています。

RAV4 C-HR ハリアー
全長(mm) 4,600 4,360 4,725
全幅(mm) 1,855 1,795 1,835
全高(mm) 1,685  1,550 1,690
室内長(mm) 1,890 1,800 1,965
室内幅(mm) 1,515  1,455 1,480
室内高(mm) 1,230  1,210 1,220

【ハリアー】は先代【RAV4】(国内未発売)シャシーを共用し2013年に発売開始された一世代古いモデルとなり、新世代ハイブリッドシステムを搭載する【RAV4】の方が動力性能・燃費性能共に優れています

高級感のある【ハリアー】よりも安価となっており、性能面では【RAV4】の方が満足度が高くなっています。

引用:https://toyota.jp/jpntaxi/

また面白い存在としてはシエンタをベースに開発されたトールワゴン型タクシー用車両【ジャパンタクシー】があります。

従来も【プリウス】【クラウン】といった乗用車をベースにしたハイブリッド車タクシーが存在しましたが、【ジャパンタクシー】はLPG燃料に対応した「LPGハイブリッドシステム」を搭載したタクシー専用車両となります。

引用:https://toyota.jp/jpntaxi/

トヨタ車では初めての国土交通省が定める「ユニバーサルデザインタクシー」の設定要件を満たしたクルマで、従来のセダン型タクシー車両とは大きく異なる低床・高天井スタイル後席左側電動スライドドアを採用、乗り降りしやすい形状で車椅子の乗ったままの乗降も可能となっています。

都内で見かける機会が増えてきており、今後は地方でも馴染みのタクシーになっていくでしょう。

スポンサードリンク

トヨタのハイブリッド車人気ランキング2019

トヨタのハイブリッド車人気ランキング TOP5 を取り上げていきます。

販売台数に基づくランキングとなりますが、販売台数にガソリン車を含むクルマもありますので実際のハイブリッド車のみでの販売ランキングと差があるかもしれません。

また、アルファード・ヴェルファイア、ヴォクシー・ノア・エスクァイアは兄弟車としてトータルして紹介しています。

5位 アルファード・ヴェルファイア

引用:https://toyota.jp/alphard/

トヨタの最上級ミニバンで「大空間高級サルーン」として磨き上げられた走りと内外装デザインが特徴です。

2.5L直4ガソリンエンジンと最高出力105kW(143PS)のモーターを組み合わせることで優れた燃費性能と高級車らしい静粛性・スムーズな走りを実現しています。

また最高出力50kW(68PS)の「E-Four」用リアモーターにより滑りやすい路面での操縦安定性を確保するなど「大空間高級サルーン」に相応しい走行性能を誇ります。

4位 プリウス

引用:https://toyota.jp/prius/

ハイブリッド車の代名詞といえるクルマです。

「TNGA」の採用で優れた乗り心地・走行性能を発揮し、最大熱効率40%を実現したエンジンと小型・軽量化したハイブリッドシステム・リチウムイオン電池の採用など新世代ハイブリッド車として2015年に発売されました。

従来の「E-Four」よりも低出力ながらも小型化された「E-Four」グレードもラインナップされ幅広い路面状況での走行が可能となりました。

2018年12月にマイナーチェンジ外装デザインが一新され【カローラスポーツ】【クラウン】に続き専用通信機DCMを全車に標準装備T-Connectサービスの3年間の無償提供が付与されました。

3位 ヴォクシー・ノア・エスクァイア

引用:https://toyota.jp/voxy/

5ナンバーサイズの7・8人乗りミニバンで3代目【プリウス】1.8Lハイブリッドシステムを搭載します。

現行型では従来の【ヴォクシー】【ノア】に加え、上質感・上級感・高級感を持たせたデザインの【エスクァイア】がトヨタ店・トヨペット店から販売され、実質トヨタ全店販売車種となっています。

5ナンバーサイズと日本の道路事情で扱いやすいサイズのミニバンで、【セレナe-Power】【ステップワゴン ハイブリッド】というライバル車を抑えて好調な販売台数を維持し続けています。

2位 シエンタ

引用:http://toyota.jp/sienta/

アクアと同じ1.5Lハイブリッドシステムを搭載する5・6・7人乗りの「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」です。

引用:http://toyota.jp/sienta/

従来のミニバンの概念を打ち破った内外装デザインが大きな特徴で、全長4235mmというコンパクトなサイズながらも3列シートを実現、2列目シート下に格納するダイブイン格納機構を採用した3列目シートにより大容量ラゲッジスペースを実現しています。

2018年9月のマイナーチェンジで2列シートの5人乗り仕様が追加され、2列目格納時にはフラットで最大荷室長2,065mmの大容量ラゲッジスペースを実現、アウトドアレジャーなどに活躍するクルマとなりました。

1位 アクア

引用:http://toyota.jp/aqua/

プリウスファミリーのコンパクトカーで、コンパクトなハイブリッドシステムは【ヴィッツ】【カローラ アクシオ/フィールダー】【シエンタ】【サクシード/プロボックス】【ジャパンタクシー(LPG用)】に採用される汎用性の高いユニットとなっています。

引用:http://toyota.jp/aqua/

5ナンバーサイズのコンパクトなサイズと高い水準の走行性能が人気のクルマで、2011年の販売開始以来、常に販売ランキング上位に位置し続けています。

一般向けのみならず営業車など法人向けでも人気のあるクルマで街中で見かける機会が多いです。

発売開始から7年が経過しましたが2017年のマイナーチェンジで外装デザインが一新され、古さを感じさせないスタイリッシュなデザインが好評です。

引用:http://toyota.jp/aqua/

フロントグリルやバンパーを専用デザインにして地上高を30mm高くしたクロスオーバーSUV風の派生モデル「Crossover」、スポーティーカスタマイズモデルGR SPORT」がラインナップされ、様々なニーズに応えるクルマとなっています。

今後は【カローラ アクシオ/フィールダー】のフルモデルチェンジが予定されているなど新世代ハイブリッド車が随時投入予定で、ますますトヨタのハイブリッド車から目を離せません。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/aqua/ https://toyota.jp/prius/ https://toyota.jp/alphard/ https://toyota.jp/rav4/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする