【ポルテ】中古車を購入する際の失敗のない見極め方

トヨタの「プチミニバン」、【ポルテ】。

助手席側大型スライドドアという特徴を持つコンパクトカーで街乗りでの使い勝手の良さが魅力的です。

ここでは【ポルテ】の中古車について取り上げていきます。

スポンサードリンク

【ポルテ】中古車はここをチェックしよう

引用:https://toyota.jp/porte/

ポルテ】はトヨタが2004年に【ヴィッツ】をベースに生み出した「プチミニバン」です。

助手席側電動大型スライドドアと軽トールワゴンと同発想の後席ユーティリティーが特徴のコンパクトミニバンです。

【ヴィッツ】【パッソ】というトヨタのコンパクトカーに近い全長ながらも視点の高さからの運転のしやすさ低床と高い天井広々した後席スペースを確保しています。

助手席側電動大型スライドドア幼児や老人・福祉用に最適なクルマとなっており福祉車両「ウェルキャブ」が設定されリフトアップシートやそのまま乗車出来る専用車いす仕様など幅広い「ウェルキャブ」ラインナップが用意されています。

引用:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/PORTE/200407/10031202/

2004年~2012年と8年間に渡り発売されてきた初代運転席側後部ドアが無いため後部座席へのアクセスは助手席側大型スライドドアのみという、初代【ステップWGN】を彷彿とさせる仕様でした。

引用:https://toyota.jp/spade/

2012年に登場した現行型は姉妹車【スペイド】が登場して実質トヨタ系列店全店取り扱いとなり、運転席側後部ヒンジドアが追加されるなど使い勝手が向上しました。

2015年7月の改良で新型1.5Lエンジン2NR-FKE型への換装で燃費性能が向上したのに伴い1.3Lエンジンモデルが消滅、2016年には「Toyota Safety Sense」が標準装備されて安全性能が向上しました。

引用:https://toyota.jp/roomy/

似たようなサイズで両側スライドドアを備えるトールワゴンルーミー】【タンク】が登場しました。

両側スライドドア室内幅小回りの良さなど【ルーミー】【タンク】が優れている点もありますが、【ポルテ】の方が1.5Lで動力性能に余裕があり【パッソ】をベースに短期間で開発された影響で動力性能・乗り心地や走行中の騒音・振動など粗さ・熟成不足が目立つ【ルーミー】【タンク】よりも走行性能優れているなど【ポルテ】の美点があります。

【ポルテ】の中古車を購入する際のチェックポイントを取り上げていきます。

○年式・グレード

上記の通り、【ポルテ】には2004年登場の初代2012年登場の2代目が存在します。

価格面では初代が魅力的ですが、やはり運転席側後部ドアが無いなどユーティリティー面では2代目の方が魅力的でしょう。

2015年以前のモデルでは1.3Lエンジン1.5Lエンジンの2種類があり、1.3Lの燃費の高さは魅力的ですが動力性能の余裕を考えるならば1.5Lエンジンを選びたいところです。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」をお求めの場合は2016年7月以降のモデルから選ぶ必要があります。

○修理歴の有無

修理歴を確認します。

修理歴がある場合には事故歴・修理箇所・修理工場などの履歴を確認します。

表面的には修復されていたとしても車体に歪みが発生している場合やキッチリと修理されていない場合もあります。

○走行距離

引用:https://toyota.jp/porte/

現行型の場合、発売開始から6年が経過しており1年1万km走行を基準として、5~6万km前後の走行ならばそれほど問題無いでしょうが、10万km前後短期間で長距離走行している場合には足回りやエンジンのヘタリ具合が気になります。

初代の場合は年式と走行距離と共に中古車展示期間もチェックしておきたいです。

○メンテナンス履歴

点検・整備履歴を確認します。

6ヶ月点検・1年点検が定期的に行われているか、走行距離によってはタイミングベルトの交換などパーツが適正に交換されているかを確認します。

○エンジンルーム

ボンネットを開けてエンジンの外観・周辺をチェックします。

見た目で異常が無いか、オイル漏れが無いかを確認します。

ついでにボンネット開口部に歪みや不自然なサビが無いかを確認します。

○外観

引用:https://toyota.jp/porte/

遠目で見て歪みなどの違和感が無いか、ドアやリアハッチなどの開口部がキッチリと閉まるか開閉時に引っかかりが無いか開口部に歪みが無いかパワーウインドウ開閉時に軋み音がしないかを確認します。

電動スライドドアの開閉がスムーズに動作するかも確認します。

初代モデルの10年が経過した車体ではゴムパーツの劣化が気になるところでパワーウインドウ開閉時に軋みがある場合にはパーツの交換が必要となる場合があります。

電動スライドドアの開閉がスムーズでない場合、ドア全体の交換が必要となるケースがありますので避けた方が良いでしょう。

○エンジン音

始動音、動作音、走行時の音、シフトポジションを「D」に入れた際や初代モデルでは4ATの変速時にショックが無いかを確認します。

○足回り

引用:https://toyota.jp/porte/

タイヤ周りサスペンションの状態を確認します。

不自然なサビが無いか、ホイールに破損などが無いかを確認します。

【ポルテ】の場合、女性ユーザーの多いクルマですので傷みは少なめだと思われますが、路肩にホイールが接触したり足回りへダメージがある場合があります。

湾岸沿いの地域や雪国では海水・融雪剤などによる塩害からのサビがあるかもしれません。

走行時に足元から軋み音が無いか、不自然な突き上げ感が無いかを確認します。

サスペンションのヘタリ具合によっては揺れが治まりにくいなど不具合が現われます。

○室内

引用:https://toyota.jp/porte/

シートの状態(汚れ具合・サイドクッションのヘタリ具合・シートレールやリクライニングの動作)

エアコン吹出し口から異臭がしないか、全ての吹出し口から風が出ているか、クーラーを作動させて冷風が出ているか。

ステアリングを触ってみてべた付きや傷みが無いか、チルト機構に問題無いか、ハンドル操作が問題無く出来るか。

電装(照明・スイッチ類)など電気系統に不具合が無いか。

スペアタイヤパンク応急修理キットなど修理工具の状態確認。

女性ユーザーを主体としたモデルであるので綺麗な状態である事が多いですが、チェックを怠らないようにしましょう。

特に後席の乗降で使用頻度が多い助手席の折りたたみ機構シートレールの確認を徹底的にしておいた方が良いでしょう。

どれも購入後に修理・交換するとなると高額となってきます。

不具合がある場合、購入前に修理・交換対応してもらえるか中古車販売店に確認しましょう。

○保証・アフターサービス

購入後の保証期間・走行距離や点検整備などの保証内容を確認します。

アフターサービスを車両価格に含まず別途料金となっている場合もあります。

現行型ではメーカー保証期間内である可能性がありますのでメンテナンスノート保証期間と「保証証」を確認します。

ディーラー直営の中古車販売店ではメンテナンスパックを契約出来るケースがあります。
購入時に合わせて契約すると良いでしょう。

引用:https://toyota.jp/porte/

また、試乗中には走行音・エンジン音・乗り心地を確認し、同乗者を乗せてみた状態での動力性能後部座席の乗り心地に不満が無いかも確認しましょう。

【ポルテ】の場合、1.3Lエンジンではフル乗車での高速走行山道などではパワー不足を感じる時があります。

特に初代モデルでは4ATなので2代目のCVTと比べて燃費や走りが劣る面があります。

同乗者を乗せる機会が無い、としても荷物積載時を想定した動力性能を体感しておくことが重要です。

【ポルテ】はコンパクトな割に高さのある荷物を載せやすく、リアシートを倒せば大きな荷物を載せることが出来たりとコンパクトカーながらもミニバンの要素が高いクルマです。

購入後に予想していたよりパワー不足を感じて後悔する前に試乗で動力性能を把握しておき使用用途に適応出来るかを確認しておきましょう。

スポンサードリンク

【ポルテ】中古車相場や下取り価格など

【ポルテ】の中古車相場(本体価格)について取り上げていきます。

現行型の中古車相場を取り上げていきます。

2012年式   40~  60万円
2013年式   60~  90万円
2014年式   60~100万円
2015年式   70~110万円
2016年式 100~120万円
2017年式 110~160万円
2018年式 120~200万円

現行型は2012年に登場した事もあって、現行型の中古車在庫台数は増えましたが他の車種と比べると在庫が少ない状態です。

しかし走行距離が短いなど状態の良い物件を見つけることは出来、ほとんど走行していない新車同然の新古車新車よりも安く手に入れることも出来ます。

価格では1.3Lモデルが安くなりますが、長く乗る事をお考えならば動力性能に余裕がある1.5Lモデルを探したいです。

姉妹車である【スペイド】と合わせて探していくとグレード・車体色など選択肢が増えてきます。

次に買取・下取り価格

買取・下取平均価格 60~70万円

年式・グレードによって価格幅がありますが、新車価格の6~7割程度からのスタートとなります。

2016年に追加された衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」搭載車の方が査定が良いようです。

モデルチェンジの情報が無いクルマですが、【ルーミー】【タンク】登場後は値下がり傾向が続いています

買取・下取りをディーラーにしてもらうのもいいですが、買取先としてネット買取査定サービスを活用するのも良いでしょう。

簡単に複数の会社で買取査定してもらえ、ディーラーでの下取り額よりも高額となるケースが多く、次の車への買換え資金を増やすことが出来るかもしれません。

スポンサードリンク

【ポルテ】中古車、型落ちを購入する際のメリット・デメリット

中古車で購入するメリットから。

まずは納車期間

現在、新車の納車待ち状況ですが1ヶ月程度となっており通常の納車期間となっています。

中古車の場合、店頭に物件があれば即納車が可能です。

買換え時期や用途的に即納車が必要という方にはオススメの購入方法です。

次に価格

中古であるので新車よりも安くなります。

走行距離や車両の状態が良ければ新車と比べて格安で手に入れることが出来ます。

走行距離が短く、新車と大きく差異の無い状態の新古車があれば、新車同然のクルマを新車よりも安く手に入れることも可能で、グレードや車体色など希望通りの在庫があればお買い得です。

次に現行型ではラインナップされていないグレードを入手出来る点です。

1.3Lの動力性能で十分、という方にとっては1.3Lエンジングレード軽量で安価などメリットがあるグレードです。

引用:https://gazoo.com/catalog/maker/TOYOTA/PORTE/200407/10063785/

運転席側後部ドアが無い初代モデル小さなお子様を乗せる方には不用意な降車を避けられるなど安全面でのメリットがあり、普段は一人乗りで時折お子様を乗せるといった使い方をされる方には安価な初代モデルは魅力的な一台です。

そして実際のクルマを確認・試乗した上で購入出来る点です。

新車の場合、試乗車と納車されるクルマは別車両です。

製造時の精度によって、納車されたクルマ特有のクセ不具合がある場合もあります。

中古車の場合は実際に現物を手に触れて状態を確認した上で購入することが出来ます。

中古車で購入するデメリットについて。

引用:https://toyota.jp/porte/

一番のデメリットグレード・車体色を選べないことです。

【ポルテ】の場合、中古車台数1,500台弱と少なめで、グレード・車体色共に選択肢が少ない部類の車です。

車体色についてはどうしても人気色が多く希望に合うものに出会えない場合があります

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が必要な場合は2016年7月以降のモデルから探す必要があり、中古車台数はこれから増えていくとはいえ現状ではまだまだ選択肢が少ない状況です。

また前オーナーの使用状況によって、清掃では落としきれない汚れがある場合があります。

飲み物がこぼれてしまいシートのクッションや足元に汚れや臭いが付着しているケースなどが考えられます。

最初に取り上げたチェックポイントなど車の状態を確認する手間も発生し、新車の注文とは異なる手間があります。

しかし、それも新車とは異なり『現物を確認した上で購入出来る』と前向きに考えるとメリットになるでしょう。

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/porte/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする